特定保健用食品のヘルシアを月に2回、飲むようにしています。

ヘルシアは、苦味が強いですが、特定保健用食品のヘルシアを飲むことで、確実に体重の変化を感じ取っているので、これからも継続的に飲んでいく予定です。ヘルシアは、単発で1回で飲み終わるのではなく、継続的に飲み続けることが大事だと思っています。

 

花王では、茶カテキンは、消費エネルギー量を増加させるということです。私は、花王が公開しているこの事実は、真実だと、飲み続けていて感じています。摂取カロリーが体重に対して多すぎた日の翌日でも、ヘルシアを飲んだ翌日は、運動をしていなくても、体重が減っているからです。私は、有料のサイトでレコードダイエットをしているので、ヘルシアを飲んだ翌日やその週の体重の変動と、飲んでいないときの変動を身をもって体感しているので、ヘルシアがもたらす消費カロリーの後押し具合には、すごいものがあると感じています。

 

ヘルシアは苦味が強いです。苦味が強いので、ヘルシアをちょっとでも飲むとその日はずっと、口の中に苦みが残っていることもあります。だからといって、食べる量をおさえることなく、むしろ、いつもよりも食べてしまうこともありますが、それでもヘルシアを飲んだ翌日は、500g前後体重が減っています。ヘルシアを飲んだ日に、いつもより多く食べても、こんなに翌日には減っています。

 

予算の都合上、多くても週に1回程度で、平均すると2週間に1回という飲み方です。それでも、ヘルシアを飲まない月と飲んでいる月を、自分のレコードダイエット記録から見なおしてみると、飲んでいないときと、飲んでいる月の、ヘルシア以外の生活行動や摂取カロリーは変わっていないのにも関わらず、飲んでいるとき限定で、明らかに1キロから2キロ前後体重が減量されています。

 

そもそも、トクホは、それなりに根拠がなければ、トクホと名乗れないので、このくらいの効果があることは、当たり前というか当然です。だから、私はトクホの飲料や食品をこれからも続けていきたいと思います。

 

油の多い食事やカロリーの高い食事の日は、社会生活を送っていれば避けにくいことも、どうしても出てきます。家族と同居の場合も、避けられないことも出てきます。ヘルシアは、口の中の油っぽさも、歯みがきをしなくても瞬時に解決するし、何よりも、翌日の体重コントロールに良い方向に役に立っています。月に2回程度でもこれだけの効果が出ているので、まとめ買いをして、2日に1回とか、3日に1回でも飲めば、ボディラインから体重はもっと大幅に変わるだろうなと思っています。